*

2014年11月

社会保険労務士の格差

社会保険労務士の資格を狙うにあたって気になること。それは実際に資格を取得した

ときの社会保険労務士の年収はどの程度になることかと思います。社会貢献できること

、自分のやりたい仕事をやれるということはとても良いことだとは思いますが、現実問題として自分自身の収入・生活が確保できなければ仕方がありません。ただ、この職業に関しては年収はいくらと断言するのは非常に難しいものになっています。自営業の位置づけになりますのでみんながみんな平均的なものになるようなことはなく、はっきりと格差が出てくるというような傾向があります。稼ぐ人はとことん稼ぎますし、実績を出すと紹介が出てきます。特に顧問として企業に入っていけばそこからの口コミ情報というのは大きなものです。これが全く成果も出せず、自宅事務所でずっと一人でいるだけではいつまでたっても、何も結果が出てこないということになるのです。この格差をどうやって埋めていくかが開業当初の問題となってくることでしょう。

IOPE(アイオペ)の口コミ・評判・効果